VRデバイスまとめ

今年はOculus RiftやPSVRの発売がされ、VRが盛り上がる年になると思われますが、いったいVRってなんだろう?どんなことができるのだろう?というのはあまり知られておりません。

VRデバイスは、有名なものから無名なものまであり、今後どのように展開していくかということに期待が持たれます。

VRデバイスの種類はどれくらいある?

Oculus Rift やPSVRといった器機が有名ですが、実は無名なものを含めたらかなり多数のラインナップがあります。

数え切れないVR器機をちょっとだけピックアップしてみます。

PSVR

注目度の高いPSVRは今年の10月13日発売予定です。

予約もあっという間に締め切られ、抽選予約などになってしまっている状況です。

とくにヤフーオークションなどで、転売などが横行して値段が高騰しているような現状です。

流石にPS4という媒体での発売だけあって、VR対応ソフトのラインナップが充実しそうです。

PS4というコンシューマーゲーム機との連動で多数のゲームができそうです。

http://www.jp.playstation.com/psvr/

Oculus Rift

発売されてはおりますが、10万円近い値段のため、あまり普及というほどの効果を見ておりませんが、プレイしている人は既に楽しんでいるVRセットです。

既にいくつか対応するゲームなどが発売されております。

今後の活躍も期待したいVRシステムです。

https://www.oculus.com/en-us/rift/

htc vive

こちらも10万円近くする高級VRシステムです。

Oculus Riftと同じくして、今後、多数のゲームタイトルが対応される予定です。

https://www.htcvive.com/jp/

Galax vishon

すでにひっそりと発売されている器機です。

安価なので、すぐにでもVRを手に入れたいという方はこちらでも良いかもしれません。

しかし、ひっそりと発売されているだけあって、何にどれだけ対応しているのかが謎という、逆に手を出すのが怖い器機です。

Razer OSVR

有名なゲーム用PCデバイスメーカーのRazer社のVRシステムです。

値段も4万円と手が届きやすい値段ですので、発売が待たれるところではあります。

他にも色々とVRはありますが、パッと目に付くところを紹介しました。

この他にもスマートフォンなどを使用したシステムなどがあります。

VRって結局何ができるの?

VRでいったい何ができるのか?というと、通常今までのモニター出力であれば、モニター1方向にしか広がっていない世界が、自分の廻り360度に世界があることとなります。

首を横に向ければ横の景色が、後ろに向けば後ろ、そして上下前後左右どこでも空間は広がり、まるで仮想空間の中にいるような錯覚を覚えることができます。

まだ、流石に実際に触感を得るようなことはできませんが、上下前後左右に広がる空間にとりこまれたとき、身体は自然とその仮想空間にいると認識してしまい、今まで味わったことの無いような体験が得られるのです。

わかりやすいところで言えば、時速数千kmで走るような体験や、行くことのできないような深海にも気軽に映像で体験できるようになるということです。

以前であれば、大きなテーマパークでしか味わえないような体験が自宅で気軽に味わえるようになります。

VRデバイスは買いか?

正直、必要か?と言えば必要でないですが、疑似体験の宝庫ということで、かなり楽しめるモノであることは確かです。確かにプレイすると、これは凄い!の一言につきてしまいますので、一度触ってみないとわからない、と言った品物です。

各VRデバイスの違いは「HTC vive、PSVR、Oculus Riftプレイ感想比較」の記事が参考になります。何個も必要とするような人はほとんどいません。おそらくどれか1個だけ買おうとしているのではないでしょうか。記事によるHTC Viveがおすすめみたいです。

ゲームで言えば任天堂DSやWiiが流行ったように、そこでしかできない体験を手に入れるものとしては、ブームを起こしそうなモノだと思えます。